ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

ゲームカフェぶんぶん 2018.11.30

ドラゴン マスター Dragon Master (ペガサス版)
(プレイ時間 15分)
DragonMaster20181130.JPG以前、韓国のペーパーイヤギから無料ゲームとして配布されていたもののリメイクです。「ロボットマスター」というカクテルゲームズからのほぼ同じゲームもあります。今回のペガサス版では数値が0−3までと4種類が5枚ずつ計20枚と、かなり枚数が抑えられており、そのうち16枚を使って4x4を作るようになっています。

カードを1枚ずつプレイしていき、最も低い点の列が高い方が勝ちです。結構同点になることもあり、そのときは2番目に低い列、そして3番目に低い列、というように見ていきます。先に2勝したら勝ちで、今回はストレート勝ちでした。(以前の詳細レポートはここ

結果:自分 2、一味 0



ブルー ラグーン Blue Lagoon
(説明 10分 プレイ時間 85分)
BlueLagoon20181130-1.JPGこの日のメインゲームであるクニツィアの最新作「ブルーラグーン」です。ゲームは前半と後半の2部構成です。ボード上に自分のチップや村を置いていって、各島のマジョリティー争いをしたり、できるだけ同じグループで多くの島を結んだり、島にあるリソースを獲得したりします。前半と後半でチップを置くルールが異なっており、前半では自由に海の上に置けますが、後半では置けません。それ以外は、すでにチップや村を置いた隣りに置いて自分の領域を広げていきます。村は海には置けませんが、前半が終わるとチップはすべてボードから取り除き、自分が置いた村からスタートすることになります。つまり、前半で拠点としの村を置いておかないと後半にスタートできなくなってしまうのです。なんとも悩ましい。

BlueLagoon20181130-2.JPG得点はチップや村を置いた島の数、一続きにつなげた島の数、各島でのマジョリティー、集めたリソースなので、どれもシンプルにできています。

この前半後半というのは「原子の生活」を思わせますし、また領域を広げていくのは「砂漠を越えて」のようです。さらにリソースの得点体系は「バベルの塔」や「長江」っぽさがあります。

今回は前半45分、後半40分でした。これはまた近いうちに再戦したいです。

結果:シミーズ 137、自分 136、一味 135、名人 130



ゴー ゴー エスキモー Go Go Eskimo
(説明 10分 プレイ時間 45分)
GoGoEskimo20181130.JPGヘルシンキで手に入れたタクティック出版のゲームです。3ラウンド制で、多くの魚を得ることが目的ですが、毎ラウンド異なった1種類の魚しか決算できません。手札5枚。手番では同色同数字ならば複数枚プレイできます。プレイしたカードの合計値だけカードに対応する色ののエスキモーを進めて、その途中と最後に止まった場所の魚を全て獲得します。またシロクマのシンボルが付いているカードは、まずシロクマを好きな氷山にに動かします。シロクマが氷山にいるあいだは、対応する色のエスキモーは動けません。エスキモーのうちどれかひとつが中央までたどり着いたらラウンド終了です。

カードはちょうどエスキモーが中央にたどり着く歩数分しかありません。それを念頭に入れると戦略的に遊べると思います。最初はみかけから「はちみつくまさん」を発展させた「冒険者の谷」のリメイクなのかと思いましたが、かなりライトなファミリーゲームでした。

結果:一味 27、名人 27、シミーズ 24、自分 17



スプリング ラリー Spring Rally
(説明 5分 プレイ時間 15分)
SpringRally20181130.JPG最後はシミーズさん推薦の「スプリングラリー」です。トリックテイクとレースゲームの組み合わせといえば「キャニオン」が思い出されますが、こちらは連続してトリックに負けた分がブースターとして加算されるというバランスの取り方をしており、あまりトリックに勝てなくてもレースには勝てるようになっています。

結果:一味 勝利


ゲームマーケット2018秋 2018.11.24-25

未梱包:ナジャ Naja のかがり火についてのお知らせ
新作の「ナジャ」に7個の「かがり火」が入っていないという不具合がありました。どうもすみませんでした。お手数ですが orders@nestorgames.com までメールをくだされば(日本語で問題ないです)、こちらからコンポーネントを送ります。よろしくお願いします。

====================

CatalogueTicket20181125.JPG今年のゲームマーケットは24日(土曜日)は一般参加、そして25日(日曜日)は「土嚢の会」として去年に引き続き出展しました。今年は何と言ってもネスターゲームズのネスター・ロメラル・アンドレスがスペインから初来日で参加するというのが最大の目玉です。ネスターは妻と娘と3人で家族旅行も兼ねての来日です。今年からカタログは入場券ではなく別売りになったようです。また会場に大量に置かれていた地図は見開のパンフレットになっていて使いやすかったです。



====================

12月24日 土曜日 (1日目)

朝、ネスター一家と待ち合わせて一般のチケットを買って入場。出展者は出展日しかパスがもらえず他の日は一般参加と同額いうのは腑に落ちませんが仕方ありません。ネスターは翌日のために大量の宣伝用のカードを持ってきており、それをネスター一家と手分けして配りました。あとは友人・知人と一緒に色々なブースを回ったり試遊したりして過ごしました。今回、遊んだのは「ワードスナイパー」と「トポロメモリー」の2ゲームのみです。



ワード スナイパー Word Sniper
WordSniper20181124.JPG「ワードスナイパー」は与えられた平仮名で始まる与えられたカテゴリーの言葉を素早く言うゲームです。以前も遊んだことがあり、なかなか楽しめるゲームだと思います。3種類のゲームが楽しめますが、自分は基本バージョンが一番好きです。




トポロメモリー Topo-Memory
(説明 プレイ時間)
「トポロメモリー」は2次元トポロジー(位相)が同じ2つのカードを素早く取るというゲームです。色々なシンボルや感じがあって楽しいです。個人的には、もう少し難しくても良いのではと思います。エクストリーム版が出て欲しい。写真を撮るのを忘れてしまいました。




この日は、早めに帰宅して翌日に備えました。

====================

12月25日 日曜日 (2日目)

NestorgamesAll20181125.JPGこの日はいよいよ出展日です。「土嚢の会」として2回目の出展になります。去年は25種類だったのですが、今回はなんと33種類のゲームを準備しました。ネスターが来てくれるということもあり、なるべく彼が売りたいと思うゲームを中心に仕入れたのです。よって、33種類中23種類は主にネスター自身がデザインしたゲームです。

DemoGames20181125.JPG2人用のアブストラクトだけではなく、3人で遊べるゲーム(レッド、ブルー、グリーン、アダプトイド、ワニとカバとバッファロー)、多人数で遊べるゲーム(火星の庭、イオの庭)、1人用パズル(ガデイロ)など色々用意しました。

GameList20181125.JPG去年同様に、すべてのゲームの写真、値段、邦題、原題、作者、説明、価格をボードに貼りました。ネスターゲームズはパッケージがすべて同じ布製のケースで端のロゴだけで判別するので、中の写真とロゴの一覧表は必須です。ボード2枚には30しか入りきらず、販売数の少ない3つのゲーム(トライアド、羊と犬と狼、アバンデ)は別の小さなボードに貼り付けました。

DemoTable20181125.JPG販売担当、デモプレイ担当、オートグラフ(サイン)担当(つまりネスター)など、土嚢の会のメンバーやネスターとの役割分担もうまくいきました。自分はデモプレイを担当していましたが、終始デモプレイのテーブルが賑わっていたのは嬉しい限りです。ほぼすべてのゲームでサンプルを用意し、デモプレイができるようにしたのは良かったと思います。やはりデモプレイは大切です。こうして地道ながらもアブストラクトゲームの楽しさを知ってくれる人が増えるのは素晴らしいですね。また来年に出展もできたら良いなあと思います。

====================

手に入れたゲーム
GamePurchased20181125.JPG
バスルートを作ろう(記念版)
テトラコンボ・クワトロ
素数大富豪
フィリット(ボード付き)
バトルライン(中国版)
知略悪略
タイムライン(ボードゲームバージョン)
ボードゲームパス2
茸対筍3
Anxumur(ロシアのクニツィアカードゲーム)
Burgbaumeister
Zixza(ジグザ)



土嚢の会 2018.11.17

2ヶ月振りの土嚢の会は、前日に日本に到着したばかりのネスターも来てくれて賑やかな会になりました。合計参加者は合計15人だったと思います。ネスターの主目的は翌週のゲームマーケットで、日本には2週間程度滞在するようです。自分は数週間前のネスターミーティングでネスターと遊んだばかりなので、今回はネスターとは遊びませんでした。ネスターは日本のアブストラクトゲームの新しいデザインに興味があるらしく、数人の自作ゲームを次々に遊んでいました。



ペントアップ Pent-Up
(プレイ時間 25分)
Pent-Up20181117.JPGまずは、初参加の武さんと「ペントアップ」を遊びました。途中で明らかな敗着もあり、先手番だったこともあって最後には負けてしまいました。でも楽しさがわかってもらえたようで良かったです。スタックトリロジーでは一番遊びやすいと思います。

結果:武 勝利、自分* 敗北



リブラリア Libraria
(説明 5分 プレイ時間 15分)
Libraria20181117.JPG図書館を舞台としたマジョリティーのゲームです。タイルはランダム配置でスタート。手番にはタイルの角に自分の石を置きます。タイルの周りにより多くの石を置けば、そのタイルに描かれた本の数(1-3)だけ得点になります。ネズミが描かれたタイルはマイナスだったりなど、幾つか工夫がありますが、なんといっても2対2でタイになりやすいのが欠点な気がします。悪くはないのですが、リプレイ欲は薄いかもしれません。

結果:武 7、自分* 7(引き分け)



トレイルメーザー Trailmazer
(プレイ時間 各5-10分)
Trailmazer20181117.JPGキノさん持ち込みのリングを垂直に転がすコンポーネントが斬新なゲーム。目的は縦か横につなぐことです。ギプフのように、端からしかリングを入れられず、既にあるリングは押します。押しだせるのは自分の色のリングだけなので、ある列が埋まるとその列の自分と相手のコマの数は以降変わることはありません。5あるうち3対2くらいにはしておいたほうが良いでしょう。またこの手の押し出すゲームと異なり、別の方向から押すことができないのも不思議な感じです。思ったより悪くないです。

結果
1戦目:キノ* 勝利、自分 敗北
2戦目:キノ 勝利、自分* 敗北
3戦目:自分 勝利、キノ* 敗北



リンゴー Ringo
(プレイ時間 各3-30分)
Ringo20181117.JPGエッセンでのシュテフェンシュピールの新作「リンゴー」です。キャメロンとオランダで遊んだ以来ですが、ゲームとして少々怪しい部分もあり、キノさんと検証の意味も込めて遊びました。最初の数手の選択肢が非常に狭いのがあまり好きではない部分です。先手と後手を2回ずつ遊びましたが、結果としては先手が4勝。先手必勝でなければ良いのですが。

結果
1戦目:自分* 勝利、キノ 敗北
2戦目:キノ* 勝利、自分 敗北
3戦目:自分* 勝利、キノ 敗北
4戦目:キノ* 勝利、自分 敗北



ヘプタリオン Heptalion
(プレイ時間 各10分)
Heptalion20181117.JPG存在は知っていたものの、初めて実際に遊ぶ「ヘプタリオン」です。ボードには7種類(Hept は7の意味)のシンボルが入り乱れて描かれており、ドミノタイルはシンボルが2つ描かれています。プレイヤーは与えられたドミノタイルをシンボルに合わせて置いていくだけです。手詰まりになったら負け。ボードはよくできていてそれぞれのタイルが置ける場所がちょうど3箇所ずつあります。このあたりのデザインの話はPuzzle & Game Designという雑誌の記事を読むと良いでしょう。最初はルールに書かれていた通り裏向きに置いていましたが、表向きの方がどのタイルが既に使われたかがわかりやすいので表向きの方が良いと思います。キノさんと1回遊んで敗北。そのあととみおかさんと1回遊んで勝利です。

結果
1戦目:キノ 勝利、自分* 敗北
2戦目:自分 勝利、とみおか* 敗北



スタック22 Stack-22
(プレイ時間 40分)
Stack-22-20181117.JPG「ペントアップ」「セブン」「カウンタープレイ」のスタックトリロジーの続編です。ペンタヘックスと呼ばれる正六角形5個からなる形のコマで全部でひとり22個もあります。テトラヘックスを使ったセブンは7個、ペントアップやカウンタープレイは12個なので、それらの2−3倍の手番数があります。なので、長期的な戦略がある程度は必要だと思います。今回はkobaさんと対戦し、上から3層目のコマ数の差で負けました。コマ数が多いと六角形よりも正方形の方がわかりやすいのですが、ヘキソミノは35種もあるのでこれも大変そうです。

結果:koba* 1-2-6(勝利)、自分 1-2-4(敗北)



ラプラス Laplace (パートナーシップ)
(プレイ時間 25分)
UpperHand20181117.JPG人気の「ラプラス」のペア戦をキノさん手作りのアッパーハンドセットを使って遊びました。この4人用のルールは素晴らしいです。なんとかオフィシャルなアッパーハンドのバリアントとして世界に広まって欲しいものです。

結果:キノ&koba 勝利、自分&あいこ 敗北



イクイリブリックス コネクト Equilibrix Connect
EquilibrixConnect20181117.JPGチェコ製の木製コネクションゲームです。コマが2種類あり、とても美しいです。相手のコマを取れるという攻撃的なゲームなのですが、そのパターンに慣れないうちはちょっと複雑です。ダイスによる運は不評でしたが、自分はこれはこれで悪くないと思います。

結果:自分 勝利、(中村、土井 敗北)



火星の庭 Gardens of Mars
(プレイ時間 30分)
GardensOfMars20181117.JPGかなり久し振りにあそんだ「火星の庭」です。これを発端に「イオの庭」「エンケラドスの庭」とガーデンシリーズが産まれていくわけですが、火星の庭はちょっとロイヤルターフっぽいダイスの使い方もあって悪くないと思います。でも自分は最下位でした。

結果:ダイキチ 46、中村 29、とけい 25、自分 17



ヤバラス Yavalath (デラックス版)
(プレイ時間 各10-20分)
Yavalath20181117.JPGとけいさんがヤバラスを未プレイだというので、2回ほど遊び2敗しました。ヤバラスは頭がヤバラス脳になっていないと厳しいです。というのは、言い訳です。最近ヤバラスで勝てないです。

結果
1戦目:とけい 勝利、自分* 敗北
2戦目:とけい* 勝利、自分 敗北



アクロン Akron (デラックス版)
(プレイ時間 各10-15分)
Akron20181117.JPG続けて3Dコネクションゲームの傑作と言える「アクロン」です。ボールの数が少なかったり、繋げ方や配置が弱いとあっという間に逆転されてしまいます。そのあたりのバランスが難しい鋭いようなそうでないような不思議なゲームです。とけいさん、キノさんと2回ずつ遊び、3勝1敗でした。

結果
1戦目:自分 勝利、とけい* 敗北
2戦目:自分* 勝利、とけい 敗北
3戦目:自分* 勝利、キノ 敗北
4戦目:キノ* 勝利、自分 敗北



フィボナッチ Fibonacci
Fibonacci20181117.JPG最後は風来の道化師さんと「フィボナッチ」を遊びました。見た目よりもずっと鋭いゲームなのでかなり好みです。うまくタイミングよく攻められれば押し切れるという感じがしますが、どうなのでしょうか。

結果:自分 勝利、風来の道化師* 敗北



翌週はいよいよゲームマーケット。次回はそのレポートを掲載する予定です。