ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

ボードゲームレルムDDT 2018.01.05

クリス クロス Kriss Kross
(説明 3分 プレイ時間 7分)
KrissKross20180105.JPGエッセンで購入したクニツィアの新作です。タイトルから「ダイスゲーム百科」に収録されている「クリスクロス」の焼き直しだと思っていましたが、ルールを読むとかなり異なるゲームです。6種類のシンボルが描かれた6面ダイスを2つ振って、そのシンボルを自分のスコアシートに書き込んでいきます。このとき、2つのシンボルが隣り合わせでなければなりません。より多くのシンボルを連続させて縦か横に並べれば最後に得点になります。2、3、4、5個のシンボルでそれぞれ2、3、8、10点です。縦横計10列の得点合計を競います。自分は完全に横列は捨てて、縦列で4個以上を狙って行きました。ちょっとシンプル過ぎるので、色々なバリアントが考えられそうですね。

結果:自分 36、bluerose 32、一味 20



プメルアインホーン ケクフェマラソン Pummeleinhorn: Der Kekfe Marathon
(説明 5分 プレイ時間 35分)
Pummeleinhorn20180105.JPGペガサスシュピーレから出版されたクニツィアの新作子供ゲームです。ダイスを振って動いた先のクッキーが捨てられてしまいますが、ダイスで「カード」の目がでれば、捨てられて散らばっている裏向きのカードから1枚取ることができます。なので裏向きのカードを覚えておくことが大切です。とはいうものの肝心の「カード」の目がほとんど出ず、特に最初の2ラウンドでは一度も出ませんでした。これではただの運のゲームです。3ラウンド目になってようやく「カード」の目が何度か出て、少しだけゲームらしくなりました。

結果:自分 22、一味 9、名人 7



猫と死体と12人の容疑者 A Cat, a Body and 12 Suspects
(説明 15分 プレイ時間 15分)
12Suspects20180105.JPGキテレツという出版社が出している推理ゲームです。絵柄は雰囲気があって良いのですが、肝心のゲームのシステムがなんとも考える余地がなく、結局、協議終了としました。最近は同人だけでなく、企業があらたにゲームを出すケースが増えているように思えますが、絵柄やテーマが良くても肝心のシステムが全くなっていないものが多くて困ったものです。

結果:協議終了



1920 ウォール ストリート 1920 Wall Street
(説明 15分 プレイ時間 80分)
1920WallStreet20180105.JPGこの日のメインテーマです。前回は説明中に睡魔が襲ってきて、プレイ中も何をやっていたのか覚えていなかったのですが、今回もやはり睡魔が襲ってきました。それでもルールを理解して、前回よりは全貌が見えた状態でスタート。株のゲームなのに毎回1枚しか売れないことや、株価の上下はカードのドラフトでしかないこと、それをコントロールする手段がほとんどないことなど、どうにも引っかかる部分が多いです。場に出ているカードはほとんどがプレイされるので、なりゆきにまかせるしかないという感じがします。株を売るとき、そして増資するときに限ってカードが破棄されます。株のゲームは好きなのですが、ダイナミックさに欠け、なんとも歯がゆい感じがします。これは、そんなに評価されるべきではないのでは?

結果:名人 92、一味 83、シミーズ 83、自分 38



すきもの Sukimono
(説明 10分 プレイ時間 25分)
Sukimono20180105.JPGこのあと、何を遊ぼうかということになり、4人の話し合いで「すきもの」がエントリーされました。久し振りですが、なかなか楽しかったです。最初に売り抜けに失敗したものの、以降はうまく1点もを買ったり先物買をしたりして、最後はシミーズさんのミスで棚ぼた的に1点差の勝利。全員が慣れてくると戦略性がどこまであるのか難しいところですが、ユニークなゲームであり、また近いうちに遊びたいものです。

結果:自分 50、シミーズ 49、一味 43、名人 21



アニマル マインド Animal Mind
(プレイ時間 30分)
AnimalMind20180105.JPGまったく期待していませんでしたが、予想外に面白かったゲームです。毎回めくったカードを裏向きに誰かに押し付けます。そのときカードのスートか数字を正直に言わなければなりません。押し付けられた方は受け入れるか拒否するかを選べ、拒否されるとカードはめくったプレイヤーのものになります。こうして4スートのうち3スートだけを集め、最後のカードをできるだけ大きな数字にします。なぜなら得点は最後のカードの数字と枚数の積だからです。また4スート目を受け取ると一番カード枚数の多いスート1つを破棄しなければなりません。なので受け入れたいときと拒否したいときがあるというわけです。面白いのは各自3枚の受け入れ/拒否カードがそれぞれ前に並んでいて、受け入れの面が表になっていれば受け入れ可能、拒否の面が表になっていれば拒否が可能というようになっています。そしてその後裏返します。つまり3枚全てが受け入れや拒否だったら、選択肢がないのです。いろいろ細かい所はデベロップ不足な気がしますが、このシステムを基本にしてもっとメリハリをつければ良いのではないでしょうか。

結果:シミーズ 18、一味 15、名人 13、自分 9


シネマアミーゴ 新年ゲーム会 2018.01.04

琢磨さんの提案で、2年前と同様にシネマアミーゴで新年ゲーム会をやりました。恒例の餅つきがあり、たらふくお餅を食べたりお酒を飲んだりしながら、お喋りの合間にゲームをしたという感じです。まず最初に、子供達とクルクルケッコーを遊んだのですが、子供が夢中になってしまい、結局(少なく見積もって)15回くらいは遊びました。



インフェルノ Inferno (テンデイズゲームズ第2版)
Inferno20180104.JPG7人でインフェルノを遊びました。時間の都合上、1ディールのみでしたが、「エスカレーション」が好きだという諒ちゃんに紹介できてよかったです。人数が多くなりがちなこともある、こういうシチュエーションでは、「インフェルノ」の方が重宝しますね。やはり7人が最高です。

結果:不明



Azul20180104.JPGそのあと、琢磨さん、はたさん、フジマキさん、usalapbitさんの4人での「アズール」を見学しました。誰が勝ったのかは忘れてしまいましたが、初プレイのプレイヤーにも好評でした、もう今年のSdJはアズールで良いかもしれません。




エルドラド Wettlauf nach El Dorado
ElDorado20180104.JPG最後に「エルドラド」の初級マップ「黄金の丘 Die goldenen Hügel/The Golden Hills」を遊びました。途中、琢磨さんに数手番ブロックされたのですが、その間にカードを変えたのがよかったです。どこのマスにも進める原住民は取れなかったものの、2枚補充できる(実質1枚補充ですが)カードをなんと3枚も獲得し、デッキが薄かったこともあって、後半は毎回手札が6−7枚になり一気に追い上げることができました。さらに開拓者(森5)のカードも2枚獲得し、多くの火山タイルにも恵まれて最後は一気にゴール。こういう勝ち方もあるのですね。

結果:自分 勝利


3日の夜に草場亭にお邪魔して新年ゲーム会に参加しました。もう時間も遅かったので1ゲームだけと思いましたが、結局夜中まで遊んでしまいました。

ブードゥー プリンス Voodoo Prince
(プレイ時間 5ディール25分)
VoodooPrince20180103.JPGもう疲れたから新しいルールは覚えたくないという草場さんに、これならと思ってテーブルに出したゲームです。ますとフォローのトリックテイクで、自分が3トリック取ったときの相手のトリック数の合計が得点になるというルールが非常によくできています。今回は、1ディール目では3点と失敗したものの、それ以降は順調。最終ディールで失敗したものの、1位でした。(ニートさんが1位だと思っていましたが、計算間違いでした。スミマセン!)

途中ではなんと0点(つまり最初に自分だけ3トリック取ってしまう)ということもあったりと、なかなか色々な展開が見られました。ベストだと思われる5人で遊んだこともあり、予想通り好評でした。こういうゲームこそ輸入されるべきです。

結果:自分 39、ニート 38、O島 34、草場 30、ぶうりん 28



スニーク Sneak
Sneak20180103.JPG草場さんに教えてもらったトランプを使った一種のギャンブルゲームです。2枚以上からなる役が4種あり、高い方からマッチ(すべて同位札で、つまりNオブアカインド)、ストレートフラッシュ、ストレート、フラッシュです。それ以外はハイカード勝負で1枚ならこのハイカードしかありません。手番には山札から1枚補充するか、勝負を仕掛けるかのどちらかです。勝負には裏向きと表向きがあり、それぞれに名前がありますが忘れてしまいました。いずれにせよ、他のプレイヤーは順にパスをするか勝負にのるかを決めます。裏向きなら全員裏向き、表向きなら全員表向きです。勝負を仕掛けたプレイヤーと同枚数を出さなければならず、表向きなら同じ役でなければなりません。同じ役同士は高い数字のカードが優先されますが、同じならば後出しがちです。勝ったプレイヤーは出されたカードを総取りして、これが1枚1点になります。なお、枚数的にほかの誰ものれない勝負は仕掛けられません。また手札上限が7枚なので、いずれは勝負を仕掛けなければならなくなります。不要なカードもうまく処分することが大切です。ブラフの要素もあり、なかなか楽しめました。

結果:自分 25、ぶうりん 23、中沢 18、O島 16、草場 16、ニート 5



ナンバーナイン Nmbr 9
(プレイ時間 15分)
Nmbr9-20180103.JPG0−9の数字を模したポリオミノを積み重ねていくゲームです。「テイクイットイージー」や「フィット」のような多人数ソロパズルゲームです。毎回ランダムに数字が与えられ、それをルールに従って置いていきます。各数字は2枚ずつあるので20手番で終了。そのとき最下層は0点、下から2段目、3段目、4段目・・・はそれぞれ数字の1倍、2倍、3倍・・・として計算して合計値の高いプレイヤーが勝利します。配置ルールはどの層でも同じ層の他のタイルと変で接しなければならないこと、また最低2枚以上のタイルの上に置かなければならないことです。さらにタイルを裏返すことはできません。遊んでいて気になるのは、タイルを構成する正方形の数や形に規則性がないことです。0、1、2、3、4、5、6、7、8、9の数字タイルは、それぞれ10、5、9、9、8、10、9、7、8、10個の正方形から成り立っているポリオミノで、不規則すぎて形を覚える気になれません。裏返して置けないのもなんだか納得がいかないし、2層目より上でも他のタイルに辺で接しなければならないのも戦略を狭くしています。

やはり結局は「ペントアップ」とどうしても比較してしまいます。「ペントアップ」は対戦型で、下から2層目より上は同じ層の他のタイルと離してもよく、またすべてのタイルが正方形5マスのペントミノで裏返すことも可能です。どう考えてもペントアップの方が数段優れているゲームに思えて仕方ありません。これを遊ぶならペントアップで十分です。

結果:ナフタレン 70、ニート 64、自分 64、バンちゃん 46



ツイクスト Twixt
Twixt20180103.JPG最後は日本ツイクスト会のニートさんとツイクストを3回遊び、色々と手筋を教えてもらいました。さすが書籍を2冊も出版しているだけあり、かなり手強いです。まずは4目のハンディキャップで戦い、これはそのうち2つくらいを有効に使って勝利。次にハンディキャップなしで、有利な先手を受け持ち2回遊びました。本来はパイルールを使用するのですが、パイルールなしというところがハンディキャップですね。第3戦目では、つらい戦いながらも勝利できてとても嬉しかったです。また遊びましょう。

結果
1戦目(4目ハンデ):自分 勝利、ニート 敗北
2戦目(先手パイルールなし):ニート 勝利、自分 敗北
3戦目(先手パイルールなし):自分 勝利、ニート 敗北