ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

ミスボド 2016.09.24

久しぶりに参加するミスボドです。初プレイの「ラムセス王の帰還」やクロマ・コレクションのレトロゲームを楽しみました。



ラムセス王の帰還 Ramses Returns
(プレイ時間 各5−15分)
RamsesReturns20160924.JPGクニツィアは以前レゴのゲームをいくつか出していましたが、これもその1つです。2009年に出版された「ラムセス王のピラミッド」(エッセンシュピール2009の記事はここ)の続編で、小型化されて分かりやすい記憶と妨害のゲームになっています。

目的は4種類の財宝のうち3種類を取ることです。手番にはダイスを振り、ダイスにはクリスタルの色1−2色が描かれているか、ミイラが描かれています。

ダイスで色が出た場合は6箇所ある神殿のどこかに隠された同じ色のクリスタルを見つければ2マスまで進めますが、違う色だったら進めません。いずれにせよ、その神殿を好きな場所に移動します。クニツィアが得意とする場所がどんどん変わっていく記憶ゲームなのです。進んだ先のマスのクリスタルや財宝は獲得し、クリスタルはこれと同色の目をだしたときに神殿のクリスタルを探すことなく2マス進めるので有利になります。

ミイラが出ると、自分は3マスまで、そしてミイラは外周を時計回りに3マス進みます。ミイラに追いつかれると財宝やクリスタルを失いスタートに戻されます。

思ったよりもよくできています。2人で遊んだあと、続けて3人で遊びましたが、3人の方がお互いに妨害ができるのでより面白いと思います。

結果
1戦目:自分 勝利、ぺ田中
2戦目:自分 勝利、ぺ田中、クロマ



スピン ボール Spin Ball
SpinBall20160924-1.JPGクロマさんのレトロゲームその1。3人専用です(一応2人でもできるかもしれません)。真ん中の歯車が勢いよく回ってボールを弾き飛ばします。それが自分の得点の穴に落ちるのをひたすら待つのです。それぞれの穴はボールの色によって得点が異なります。よってより高得点を目指すならば、ボールを弾いて外に追い出すのです。こうして規定時間が終了すると、モーターが止まってゲーム終了です。

SpinBall20160924-2.JPGもう一つのルールは自分の色のボールをそれぞれ決めておき、その色だけを自分の側に弾くというものです。こちらのほうがゲームとしては難しいと思います。

いずれにしても、おどろいたのは、なんとモーターの始動やタイマーがスマートフォンと連動していることです。おそらく70年代のゲームだと思われますが、40数年後の今、スマートフォンでコントロールできるとはすごい世の中ですね。

結果(単位 100)
1戦目:ぺ田中 104、自分 82、道化師 74
2&3戦目:不明



スターウォーズ クルクルチューバッカ Star Wars: Looping Chewie
LoopingChewie20160924.JPGクルクルケッコー/くるりんパニック(原題:Looping Louie ルーピンルーイ)のスターウォーズ版です。ルーイおじさんの代わりにチューバッカがクルクルとまわるので、ルーピンチューイーというわけです。チューバッカの頭を叩くと元のルーイおじさんでは見られなかったような動きをするのが面白いです。

なんとこのゲームは3人専用で、プレイヤーはそれぞれ120度の角度で座ります。これだと右隣りのプレイヤーを攻撃するのは少しだけ難しく、また左隣りのプレイヤーを攻撃するのは少しだけ易しくなります。よって4人よりもバランスは良いかもしれません。クルクルケッコーは8人専用を作ったりするゲーマーもいるのですが、2−8人で何人でも対応出来るようなものができると良いですね。

3人でトーナメント方式(1勝ごとにチップを1枚少なくして3勝で優勝)で2回遊びました。

結果
1戦目:自分 勝利
2戦目:自分 勝利



ケロケロ サッカー Kero Kero Soccer
KeroKeroSoccer20160924.JPGクロマさんのレトロゲームその2。こちらは4人専用のゲームで、ボタンを押すとカエルが前に飛び出ます。これを利用して、ボールをうまく正面のゴールに入れるのが目的です。カエルの動きが非常にリアルで、脚まで動きます。タイミングよくシュートを決められると気持ちが良いですが、結構その場の運という感じがします。まあ4人が入り乱れるので仕方ないかもしれません。それにしても、このカエルは頑丈そうですね。

結果:不明


横浜戸塚 ボードゲーム会 2016.09.22

秋分の日は、はたさんと誘い合って戸塚ボードゲーム会に参加しました。普段は平日なので夜だけですが、この日は終日です。クニツィア7種を堪能しました。



ラー Ra (ニューゲームズオーダー版)
(説明 15分 プレイ時間 各50分)
はたさんのリクエストで、まずは「ラー」です。経験者はコルトさんと自分の2人だけ。なんと1ラウンド目ではラータイルが半分くらい埋まったところで、コルトさん以外は全員3回競り落としてしまいました。ちょっと抜けるのは早いと思いましたが、いつもあっという間にラータイルで埋まるので、つい早抜けしてしまったのです。コルトさんは太陽チップが最高の13も含めて2枚あるので、あと2回も「ひとり旅(おみくじタイムともいう)」ができます。通常ならば、1回目は8枚取れても2回目の途中でラータールでいっぱいになりそうになったり、あるいは災害タイルが出たりするものですが、なんと1回目も2回目も大量のモニュメントを獲得し、計16枚を獲得。モニュメント8種を既に達成してしまいました。この展開はさすがに見たことがありません。最後にはモニュメント8種を2枚ずつに近い状態まで集めていました。このあとファラオや洪水で必死に追いつこうと頑張ったものの4点差で2位でした。モニュメント強し!

Ra20160922-2.JPG2戦目は自分が序盤からモニュメントを集めていき、3ラウンド目で8種達成。さらに4枚と3枚組も達成してこれだけで30点。文明やファラオはないものの勝ち切りました。ラーは何人でも面白いですが、4人が一番バランスとしては良いかもしれませんね。

結果
1戦目:コルト 44、自分 40、はた 31、もりぴ 21
2戦目:自分 43、もりぴ 34、コルト 30、はた 26



タージ マハル Tadsch Mahal (リオグランデ新版)
(説明 20分 プレイ時間 95分)
TadschMahal20160922-1.JPGはたさんリクエスト第2弾は「タージマハル」です。これも非常に痺れる競りゲームです。「アタック(ケ)/アイバンホー/ジェムディーラー」あるいは「万里の長城/長蛇の列」とプレイ感覚は似ていますが、カードの補充が限られているのでたいてい何度かは戦わずに降りることになります。この辺りの判断が悩ましいのです。もっと遊ばれても良いゲームだと思いますが、ひと昔前のゲームというのはなかなか遊ばれませんね。

TadschMahal20160922-2.JPG自分は1−2ラウンドで紫を獲得し、3ラウンド目からは紫の特殊カード「追加の象」で八角形タイルを獲得していきます。最初はスパイスを目指していましたが、途中から宝石が多くなってきました。宮殿のコネクションでは北部の辺境を横につなぎ、さらに南部の内陸部をつないで、最後の12ラウンドでそれらをすべて繋げたことが大きかったです。

よく考えたら「ラー」と「タージマハル」は元はクニツィアのアレア大箱2作ですね。さすが、傑作。

結果:自分 53、もりぴ 45、コルト 32、はた 30



メディチ カードゲーム Medici: The Card Game
(説明 5分 プレイ時間 35分)
MediciTCG20160922.JPGいわゆる「競り抜きメディチ」です。1−3枚をめくるところ、ラウンドで計5枚しか獲得できないこと、ラウンドでの合計値と累積の交易品数を競って順位によって得点するところなどは元のゲームと同じですが、競りがなく場の列から獲得することは大きな違いです。確か「未開の西部のカードゲーム(灼熱のエース)」に似たようなゲームが収録されていたと思うのですが、ちょっと覚えていません。

このゲームの欠点は得点が5点単位なので同点になりやすいところです。1点単位でも良かったのではないかと思いますが、どうでしょうか。確かに計算は楽なのですが、1位引き分けと2位が同じ得点だし2位引き分けは無得点です。失ったものの方が大きな気がします。

結果:はた 140、自分 140、コルト 120、もりぴ 95



ヘックメック ジュニア Heckmeck Junior (第2版)
(プレイ時間 15分)
HeckmeckJunior20160922.JPGあの「ヘックメックジュニア」が小箱になって再販されました。タイルは紙製になり、非常にミニマルなコンポーネントです。バーストがなく、数値が1と2だけなのが特長です。昔遊んだときはヘックメックの中ではかなり好きなバリアントだったのですが、今回は序盤でルールを間違えてしまい、進行が少々おかしなことになりました。今度ちゃんとしたルールで最初から遊びたいです。

結果:はた 8、コルト 5、自分 3



億万長者と破産 Milionerzy i bankruci
(プレイ時間 各20−30分)
MillionerzyIBankruci20160922.JPG3人で続けてポーランド版「ハイソサエティ」である「億万長者と破産」を遊びました。はたさんは大の「ハイソサエティ」好きで、シネマアミーゴでも頻繁に遊ばれるゲームの一つです。

1戦目は泥棒よけに1を手に入れつつも、結局すべての悪いカードを避けて勝ちましたが、2戦目は最後に25だけ手元に残ってしまい足切りを食らってしまいました。コルトさんは「ハイソサエティ」初勝利だそうです。

結果
1戦目:自分 23(32)、コルト 4(67)、はた 36(25x)
2戦目:コルト 19(30)、はた 16(46)、自分 22(25x)



レス パブリカ 2230AD Res Publica 2230AD
(説明 15分 プレイ時間 50分)
ResPublica2230AD20160922.JPG閃光さん持ち込みの「レスパブリカ」の新版で、カードの種類が少し増えています。せっかくなので、この版で追加された「ニューコロニー」を種族x3+技術x3で獲得しましたが、結局1回も活かせませんでした。おそらく「ニューコロニー」の能力をもっと使って技術5種を取って勝ち逃げるのが良いのだと思います。次回こそ、この戦法を試してみたいものです。

はたさんが5種を揃えたものの、最後に同種5枚組は公開して得点できるので、閃光さんは隠し持っていた5枚の技術で逆転勝ちを決めました。こういう勝ち方もあるのですね。

結果:閃光 51、はた 50、自分 42



頭脳絶好調 カードゲーム Einfach Genial: Das Kartenspiel
(プレイ時間 20分)
EinfachGenialDasKartenspiel20160922.JPG最後は持参した手軽な「頭脳絶好調カードゲーム」です。あまり評価されていませんが、悪くないカードゲームだと思います。3人だと場が3枚なので、4人の方が良いかもしれません。終盤にうまく10点の「絶好調」を連続で決めて勝ちきるかが鍵ですね。

結果:はた 7、閃光 6、自分 5


土嚢の会 2016.09.18

土嚢の会もこれで通算7回目です。キノさんと待ち合わせついでに横浜某所で2ゲームほど遊んでから、会場のサイコロブクロに向かいました。なかなか遊ぶ機会がない「バラナシ」のペア戦や「渋」の3人用ゲーム3種、そしてクニツィアのアブストラクト3種など色々と楽しむことができました。



グーテ ナハバーン Gute Nachbarn
(プレイ時間 各5−10分)
GuteNachbarn20160918.JPGランドルフがデザインした手軽なアブストラクトゲームです。ランダム配置で石を置いて始めます。ひとつだけある共通の動く石を隣接するマスに動かしてそこにある石を取るだけです。石は同色を集めるほど得点が高く(個数の自乗)、また白い石は1個10点と高得点です。最大の面白さは自分とその次のプレイヤーの得点が自分の得点になることです。つまり3人ならば、自分の右隣りのプレイヤーを負けさせるのが目的です。

結果
1戦目:キノ 69、ウサギ 67、自分 62
2戦目:自分 55、ウサギ 49、キノ 48



その後、3人で「砂漠を越えて」を遊びましたが、土嚢の会でも遊んだので結果はそちらにまとめて書きます。ここからは土嚢の会のレポートです。



バラナシ Varanasi
(プレイ時間 20分)
Varanasi20160918.JPG土嚢の会の最初のゲームは4人ペア戦の「バラナシ」です。ランダム配置のニムゲームで、ディスクの最後の1枚を取ったプレイヤーが勝利です。手番には塔の一番上に置かれている同色のディスクをすべて取るか、ある塔の上から任意の枚数を別の塔のより高い位置に動かすかのどちらかです。最後の1枚を取ったプレイヤーが取ったディスク枚数を得点とするので、序盤はなるべく多くのディスクを取りたいのですが、中盤から終盤でゲームの行方が見えてきたら、自分かパートナーが勝つことを考えます。

スタートプレイヤーを変えての4戦勝負です。慣れないと読み切るのは難しいですね。

結果:キノ&あやかす 21、土井&自分 5



砂漠を越えて Durch die Wüste (ホビージャパン版)
(プレイ時間 各30−35分)
DurchDieWuste20160918.JPG4人でもう1ゲーム遊ぼうということになり、先ほどは3人で遊んだ「砂漠を越えて」を今度は4人で遊びました。人数によって微妙に準備が異なるのが欠点ですが、一旦ゲームが始まってしまえばスムースです。実は「砂漠を越えて」はあまり遊ぶ機会がなく、おそらくまだ25回程度たと思うのですが、もっと遊びたくなるくらい良いゲームです。多人数アブストラクトの傑作です。

3人で遊んだ1戦目は、広大なエリアを確保することができて勝利しましたが、4人での2戦目はエリアをほとんど獲得できずに、らくだのマジョリティーを目指しました。最後に自分が関係ない色のらくだを使ってその色をトップタイに持ち込んで終了させましたが、それが結果的には最善手で最終的にもトップタイでした。

結果
1戦目:自分 106、ウサギ 83、キノ 66
2戦目:あやかす 80、自分 80、土井 75、キノ 60



スプレード Splade (渋 Shibumi より)
(プレイ時間 各5分)
Splade20160918.JPG「スプレード」はネスター自身がデザインした「ヤバラス」ボードで遊ぶ3人用の「ヤバレード」を渋システムに持ち込んだようなゲームです。ルールには、なんと偶然にも先ほど遊んだランドルフの「グーテナハバーン」に触発されたと書いてあります。手番には自分の色のボールをボード上か2x2の土台の上に置き、自分と自分の次のプレイヤーの2色でNxN平面でN連を作れば勝利です。1色だけでは勝てません。ルールの記述がかなりややこしい書き方で解析に戸惑いましたが、ギークのスレッドを読むとこれで良いみたいです。おそらく4x4か3x3で勝負が決まるでしょう。2戦遊んで土井さんの2勝。

結果
1戦目:土井 勝利
2戦目:キノ 勝利



スパニエル Spaniel (渋 Shibumi より)
(プレイ時間 各3−10分)
Spaniel20160918.JPG「スパニエル」はジョセフ・シモンズスミスがデザインした立体3連ゲームです。手番にはあらかじめ決められた2色のボールを1つずつ置きます。どんな方向でも1色で3連を作れば勝利です。次のプレイヤーと共有している色は気を付けて置かなければなりません。前のプレイヤーと共有している色は次のプレイヤーが止めてくれますが、それを利用して勝利に導くのではないかと思います。今回遊んだ中では、これが一番ゲームになっています。

結果
1戦目:自分 勝利
2戦目:自分 勝利
3戦目:自分 勝利



スピニマックス Spinimax (渋 Shibumi より)
(プレイ時間 各5分)
Spinimax20160918.JPG「スピニマックス」はキャメロン・ブラウンがデザインしたニムっぽいゲームです。各自、自分の色のボールを置いていき、2x2の土台ができるとルールによってその上に自動的にボールが置かれます。1色のときはその色、2色のときはそこにない色、3色のときは最も多い色、というのがルールです。つまり、最少個数の色、それがなければ(あるいは最少個数が同数ならば)最多個数の色が置かれます。ああ、ややこしい。

この2x2は連鎖するので、置くのはボード上だけであり、3人合計で16手番しかありません。まったく形勢がないゲームに思えますが、どうなのでしょうか。

結果
1戦目:キノ 勝利
2戦目:キノ 勝利



フリンク Flink
(プレイ時間 10分)
Flink20160918.JPG次に3Dゲームのフリンクです。先日ASGSで遊んでいた時には追加のコマを足しても決着がつかないということが起こっていました。まあお互いに妨害し合うのでそうなりますよね。今回も追加のコマを使ってチャレンジ。隅から置き始めたあやかすさんですが、しっかりと攻防を制して勝利です。自分は相手を止めるのが一手遅かったと思います。それにしても、こんなに高くなるのですね。

結果:あやかす 勝利、自分 敗北



アクロン Akron
コネクションゲームでは五指に入る傑作だと思います。3Dの特性を生かしたドロップ&ムーブの動きなどが戦略性を高めています。今回は計4回遊びました。3勝1敗。もっと広まって欲しいゲームですが、どうでしょうか。写真撮り忘れ。

結果
1戦目:あやかす
2戦目:自分
3戦目:自分
4戦目:自分



モールヒル Mole Hill (ネスターゲームズ版)
(プレイ時間 10分)
MoleHill20160918.JPG非対称なアブストラクトゲームです。もぐらと農夫に分かれて、もぐらはできるだけ逃げることを目指します。柵の置き方にコツがあって、もぐらは斜めに逃げやすいので、それを制するようにすると良いでしょう。今回は双方とも低得点でした。

結果:自分 10、あやかす 3



ミノア Minoa
(プレイ時間 10分)
Minoa20160918.JPGどうも展開が単調になりがちな「ミノア」ですが、草場さんと検証してみました。自分の色を置かなければとっかかりがないし、置くと最少エリアにされてしまいます。最後に1つだけ大きなエリアが残ってそれを偶然取れた方が勝つという展開が多い気がしますが、今回もその通りになりました。自分の色を置かずに中央から柵だけおくということも考えられますが、どうなのでしょうか。途中まで中立なものを良いタイミングで自分のものにするのは「メディナ」に似ていますが、問題は「ミノア」では2エリア以上はもう通常よりも良いので取ってしまうことにならないかということです。何かしらルールが足りない気もします。あとでキノさんら3人が遊んだ所によれば、3人の方が面白いとのことなので、今度は3人でやってみます。

結果:草場 81、自分 15



流氷に身を任せて Go with the Floe
GoWithTheFloe20160918.JPGルールをこれまで間違えていたことが発見されました。北極熊はジャンプしてアザラシを取ることはできないそうです。さらに今ルールを読むともうひとつ間違えていて、北極熊がアザラシを取る時は隣のマスからでないとダメだそうです。つまりこれまで遊んでいたようにジャンプや2歩移動ではアザラシは取れないのですね。これは北極熊が勝つのが難しくなったかもしれません。「ミュルスガリカス」の作者が作った非対称ゲームで、なかなかよくできています。ギークでの評価が低いのが信じられません。草場さんと遊びましたが、どちらが勝ったのか記録を取るのを忘れてしまいました。

結果:記録忘れ



香港 Hong Kong
(プレイ時間 10分)
HongKong20160918.JPG最後に草場さんとキノさんが持ち込んでくれた「香港」を遊びました。クニツィアの素晴らしいアブストラクトゲームです。5回のダブルムーブをどこで使うかが大切で、短いゲームながらもさながら立体的な囲碁のようなゲームです。こういう絶版でマイナーな良質アブストラクトはネスターゲームズから再販されないかなあと思います。「二十」のような厚めのアクリルで作ればかなり見栄えがすると思いますが、どうでしょうか。

結果:草場 13、自分 12



次回は11月の予定です。