ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

アダプトイド Adaptoid + アダプト3 Adapt3
(プレイ時間 50分)
Adaptoid20160822.JPG一応持ってきた3人でも遊べる「アダプトイド」を出してみたら、思ったよりもみんな興味を持ってくれたのでそのまま遊ぶことになりました。コンポーネントが独特で、ルールもすっきりとしてわかりやすいので意外とノンアブストラクトゲーマーにも受けが良いゲームです。

3人だと3すくみのルールがよくできており、自分の右隣りのプレイヤーしか攻撃できないので、左隣りのプレイヤーの強いアダプトイドの隣りに弱いアダプトイドがあっても全く問題ありません。ただ、呼吸できずに殺すのは自分以外の両方のプレイヤーなので、左隣りのプレイヤーを殺してしまうと、右隣りのプレイヤーの利になってしまいます。そのあたりは気をつけなければなりません。

スタートプレイヤーだったはたさんは一時大量に子供を作って場を制するものの、そのあと一歩後退。自分はフジマキさんの白いアダプトイドを時には相討ちで除去し続けて、なんとか規定点の8点に達しました。

結果:自分(黒) 8、はた*(赤) 6、フジマキ(白) 6



メディチ Medici (アバクス版)
(説明 10分 プレイ時間 各40−55分)
Medici20160822.JPG先月のはまげーで「メディチカードゲーム」を遊んでから元になった「メディチ」にも興味が湧いたというはたさん。それならば、ということで3人でメディチを遊びました。3人メディチは久し振りの気もしますが、これはなかなかきついゲームですね。しびれます。タイルが半分の18枚しか出てこないので、あとで同じ産物のもっと良いタイルを、と思っていても二度と現れないかもしれません。臨機応変に対応していくことが5−6人の時に比べてより大切に感じました。

1戦目は自分が肝心なところで競り勝てなかったのが大きな原因で自分は2位。うまく立ち回ったフジマキさんが大差で1位でした。これは面白い、ということで、2戦目を行い、こんどは独占にあまりこだわらずに早すぎず遅すぎず競り落とした自分が勝利。フジマキさんもはたさんも初プレイだそうですが、とても気に入ってもらえたようで良かったです。これは次回もメディチかもね。

結果
1戦目:フジマキ(緑) 147、自分(黄) 120、はた(赤) 98
2戦目:自分(黄) 140、はた(赤) 134、フジマキ(緑) 133


高尾ボードゲーム会 2016.08.21

イエース! Yesss!
(説明&プレイ時間 60分)
Yesss20160821.JPGusalapbitさん持ち込みのコミュニケーションゲームです。「コードネーム」や「ディクシット」のようなパーティーゲームで、7つの絵の組み合わせのうち2つだけをみんなが答えるようにヒントを出すのです。この組み合わせは1−7の数字で表されており、各プレイヤーは数字2つの組み合わせからなる21枚のタイルからランダムに3枚取ります。面白いのは、この組み合わせを当てるのは隣のプレイヤーだということです。つまり自分がヒントを言うべき問題は隣のプレイヤーから回ってくるのです。あまり難しい問題の場合には突き返すことができるので、その辺りもよく考えて隣のプレイヤーに渡さなければなりません。

ときどき絵の組み合わせによってはヒントを出すのが難しすぎたり簡単すぎたりというのがありますが、手軽に遊べるのは良いところです。

結果:武井 37、イズナ 31、たっくん 28、こうの 26、フォルテ 20、usalapbit 20、自分 19



ハンザ Hansa
(プレイ時間 60分)
Hansa20160821.JPGたっくん持ち込みのハンザです。ハンザは好きなゲームですが遊ぶのは久しぶり。usalapbitさんは初プレイだそうです。知らなかったのですが、ハンザには別のマップもあり、こちらも面白そうです。今回は基本マップで遊びました。シャハトらしく制限がいろいろとあるゲームなのですが、独特の面白さがあります。自分は左隣りのたっくんを苦しめようと、コペンハーゲンの東側ばかりに船を誘導していたら、そのあいだにusalapbitさんが荒稼ぎをしてしまい、結果的にはこれが敗因だったのではと思います。まあコペンハーゲン周辺でいくつか独占を果たせたのでよしとしましょう。

結果:usalapbit 41、自分 37、たっくん 35



アタッケ Attacke (コザイク版)
(プレイ時間 各10−25分)
Attacke20160821.JPGタイトルがミスプリントなのではないかと物議を醸し出している「アタッケ」です。昔フォルテさんがFXシュミット版「アタック」で遊んだということで、みんなプレイ経験はあるらしいのですが、イヅナさんだけは覚えていないのか初めてだということです。カード構成が昔より少し大雑把というかわかりやすくなっています。高数値の4、5のカードが元よりも多めなので、競り上がり方が早いです。ジェムディーラーでは通常ルールとして使われている裏向きでカードを出せるバリアントを採用しました(これは昔の「アタック」と同様に「アタッケ」でもバリアントのままです)。

1戦目はカード運が良かったのでどんどん攻めていったらそのまま勝ってしまいました。これでは消化不良ということで2戦目です。今度は10を使って負けるということがなんども見られす接戦の末、武井さんが制しました。

結果
1戦目:自分 4、イズナ 3、フォルテ 0、武井 0、usalapbit 0
2戦目:武井 4、フォルテ 3、イズナ 2、自分 2、usalapbit 1



ライフ イズ ライフ Life is Life
(プレイ時間 30分)
LifeIsLife20160821.JPG最後はフォルテさん持ち込みのカードゲームです。場とカードを交換していき、頃合いを見計らってノックをしてゲームを終了させ、そのときに各数字でのマジョリティー争いをして負けたプレイヤーが失点を重ねるというゲームです。

カードの数値は3−9まで、5−7は2種類ずつあるので計10種類です。カードの数値が枚数を表しています。ゲーム終了時に手札を種類ごとにわけてそれぞれで単独最多だと数値分だけ得点します。一番少なかったプレイヤーが失点するというわけです。

場には1、2、3、4枚の表向きになったカードの列があり、手番にはそのどれかと自分のカードを等枚数交換します。あるいは、もうゲームを終わらせたいとなったらノックすると、あと1巡で終わりです(ノックしたプレイヤーの手前で終了)。また4か5(2種ある)の3種類のうちどれかをすべて集めたらサドンデス勝利です。

場とのカード交換やノックのシステム、サドンデスなど「ゼロ」に似ている部分も多いです。ただ他人とのマジョリティー争いなのが大きく異なります。

遊んでいて、横列だけではなく、縦列とも交換できたらどうなるのかと思いました。ちょっと試してみたいです。

結果:usalapbit 3、武井 2、フォルテ 2、イズナ 1、自分 0


2人ゲーム会 2016.08.19

前日に引き続き、今度は横浜某所でシミーズさんと2人ゲーム会です。



イチシチ Iqishiqi
(プレイ時間 5-15分)
Iqishiqi20160819.JPG前回は何をやったら良いのかよくわかりませんでしたが、今回は少しだけわかった気がします。サッカーっぽいゲームで、辺にうまく誘導すれば良いのですが、ちょうどでないとゴールできません。ピンボールみたいにボールは加速していきます。シミーズさんは結構気に入ったみたいで、結局4回遊びました。変わったゲームを求めている人におすすめ。

結果
1戦目:シミーズ* 勝利、自分 敗北
2戦目:自分* 勝利、シミーズ 敗北
3戦目:シミーズ* 勝利、自分 敗北
4戦目:シミーズ 勝利、自分* 敗北



流氷に身を任せて Go with the Floe!
(プレイ時間 各10−20分)
GoWithTheFloe20160819.JPG「ミュルスガリカス」の作者のゲームだということで買ってみました。タイトルは Go with the flow(流れに身をまかせる)というフレーズのもじりなので、「流氷 flow に身を任せて」としてみましたが、どうでしょうか。「錦鯉」に似ているということがネスターゲームズのサイトに書かれていたので、「錦鯉」とどちらか1つだけ買おうと思っていましたが、両方は似て非なるゲームです。確かに、プレイヤーのコマが2つずつありボードが障害物で埋まっていくところは似ているのですが、非対称ゲームで捕獲を目的としており、端的に言えばこちらの方が数倍面白いです。

プレイヤーは北極熊(白)とアザラシ(黒)に分かれます。北極熊の目的はアザラシを2匹とも捕獲すること。アザラシの目的は逃げ切ることです。アザラシのプレイヤーから始めます。プレイヤーはどちらかのコマを縦横斜めに直線上に2マスまで動かせます。移動力2のクイーンというわけです。その跡、自分がいたところ、通ったところに流氷(白いリング)を置くのです。また動かす代わりに流氷を1つだけジャンプできます。

こうして北極熊がアザラシと同じマスに来れば捕獲したことになり両方のコマを取り除きます。この両方取り除くというところがミソで、北極熊は1匹ずつそれぞれのアザラシを捕獲しなければならないわけです。

アザラシは孤立すれば北極熊に襲われないので勝利になります。非常に面白いゲームです。そこここに「ミュルスガリカス」っぽさがあり(2歩動いてリングを置くところ、自分と相手の両方のコマを除去するところ)興味深いです。

今回は、前後戦を1勝負として得点無しで3回行いました。慣れてきたらルールに書いてある通りに空きマスが得点という方式も面白いと思います。役割だけで見ると、アザラシ4勝、北極熊2勝とアザラシが強いですが、データが少なすぎるのでまだどちらが強いのかよくわかりません。

結果(*が先手、つまりアザラシ)
1戦目−1:シミーズ* 勝利、自分 敗北
1戦目−2:シミーズ 勝利、自分* 敗北
2戦目−1:シミーズ* 勝利、自分 敗北
2戦目−2:自分* 勝利、シミーズ 敗北
3戦目−1:自分 勝利、シミーズ* 敗北
3戦目−2:自分* 勝利、シミーズ 敗北



ルア シェイア Lua Cheia
(プレイ時間 各10分)
LuaCheia20160819.JPG15枚のカードを使ったミニマルな2人用トリックテイクです。5スートあり、各スートは1−5枚あります。このうち6枚ずつ配って残りの3枚は裏向きのまま脇によけて使いません。メイフォローですが、トリックに負けたプレイヤーは数字の差分だけライフを失います。リードスートでない場合は0という扱いなので、リードされた数字に等しいライフをそのまま失うことになります。9個あるライフを相手がすべて失ったら3点勝ち、そうでなければライフが多い方が1点勝ちで、6点まで達してからあと1回勝てば勝利です。以前のレポートを読み返すまで忘れていたのですが、細かい変更がありますね。以前は裏向きは1枚だったし、また得点は30点と10点で100点先取でした。2人用としては決して悪くないのですが、カード構成や得点方式などもっと工夫の余地があると思います。

結果
1戦目:シミーズ* 勝利、自分 敗北
2戦目:不明